~結婚できる婚活をしよう~
あなたの本気で結婚したい気持ちを全力サポートで叶えます

名古屋で婚活!なぜ婚活男性はいまいちだと思われるのか。

アラフォー世代の婚活なら!
名古屋市北区の仲人型結婚相談所ピュアリートゥルー


婚活をはじめて、お見合い3回目くらいまでいったとき、そしてそのどれもが乗り気になれずお断りをしたとき、女性のほうから「婚活の男性ってみんなこういう感じなんですか?」という、ショックを受けたような質問がくることは、仲人として婚活のプロなので、想定内のことです。

入会面談のときに、ある程度この事象については伝えていますが、それでもそのときは頭で聞いているだけで自分の身に実際降りかかってはいませんので、だいたいが聞き流してしまうことでもあります。

こうなることが私はある程度わかっていますので、うちの男性たちで、こうなる危険性をはらんだタイプの男性には、そこを特に努力するように毎回伝えて、お見合いでしてはいけない態度や言ってはいけないことなどもレクチャーして、送り出しているのが現状です。


とここまできて

え?じゃあ婚活の男性市場のクオリティってどうなの?
と不安になるかもしれませんが、その必要はありません。

なぜなら


婚活初心者だったり、相談所に入会するのが今回がはじめてです、という男性は、いまから話す「危険性」を持った人は、ほぼ100%に近いくらい、いないからです。

結婚相談所や婚活市場は、毎回一定数入会者がいますし、仲人たちは誰が新しくて誰が長くいるかなど把握もしていますので。

この要素をふんだんに持ち合わせてしまっているのは、婚活を過去に何回かやっていたり、1年以上ずっと同じ相談所にいたり、やたらと「婚活慣れ」している男性です。



いってみれば、男性版の「婚活こじらせ」です。

どういうことかといいますと、

・お見合いの会話と質問が一方通行すぎること
・こうしなければいけないという考えでしか、相手に質問していないこと

この2つが体中の毛穴という毛穴からにじみ出てしまっている

ということです。

つまり、「その場」を楽しむ気持ちがまるでなく、とにかく「お見合いとはこういうことを聞いて、こういう流れで行うのだ」という思いのもと、「ただ単にお見合いをこなしている」状態です。

このような相手との時間が楽しいはずはありません。
そのことだけについて言うとすれば、私はこのタイプの男性に女性会員があたってしまったときは、女性に対して「残念だったね、ごめんね」と思います。

プロフィールに書かれていることを聞くのは当たり前なことにしても、「趣味は何ですか?」と聞いたって、それは見れば書いてあるのです。

大事なのは「プロフィールに趣味が洋画鑑賞とありましたが、時に好きな映画はどんな作品なのですか」と、こう聞かないと膨らまないのです。
でもこれだけでは、1分もすれば終わります。
さらにもっと膨らませるためには、もっと違う角度からとにかく「洋画が趣味」ということについて徹底的に
深堀するイメージです。
私がいま思いつくだけでも5個くらい質問は出てきます。
5個の質問に対して相手が答える内容から派生していけば、お見合い時間はこれだけでも1時間があっという間でしょう。

婚活こじらせの男性は、いつのまにかこの会話の基本的なことが、できなくなってしまっているのです。
こと婚活になると特にです。普段の仕事などではそうでないのかもしれませんが。
でもここはお見合いの場なのですから、できるようにならなくてはいけません。

男性にも「婚活疲れ」は起こっています。

いまいちだと思われる最大の理由は、この「まるで判で押したようなマニュアルみたいな質問攻め」と、そこから「その質問に返した答えに対しての会話が膨らまずに、尻切れとんぼのまま置き去りにしてさっさと次の質問に飛ぶ、面接のような状態」を自ら作ってしまっているからです。

質問項目は少しでも良く、大事なのはひとつの話題をどこまで深堀りして、裾野を広げていくかというスキルです!
ここを磨くことが、婚活を長引かせている結婚できない男性には必要です。


【婚活ピュアリートゥルー3つの特徴】
・活動しやすい安心低価格
・仲人からのおススメ候補を定期送信
・アフターフォロー面談で個人に合わせた方法を提案
?Gg[???ubN}[N??