~人と人、人と健幸をつなぐ架け橋に~

いつかは結婚したいと思っているうちに
毎日の生活に追われて気が付いたら30歳を超えていた。
焦る気持ちはあるのに行動に移せなくてモヤモヤしているアラサー独身者のかた。すっきしない気持ちに寄り添い、個人に合わせた婚活をサポートします。

結婚できない人を苦しめる結婚しなければいけないという呪縛

~成婚できる婚活~
名古屋市仲人サポート型結婚相談所
ピュアリートゥルー


今日は、結婚相談所の仲人がなんでそんなこというの??仕事にならないですけど????
という内容です。

良いのです。

婚活というのは「結婚をほんとにしたい人」が昔から一定数集まる場所です。
とくに結婚相談所に集まるかたたちというのは、そのなかでもトップクラスで「本気」です。


そうです。
本気なのです。でもなかには、それほど本気ではない人たちも紛れています。
これが「しなければいけない症候群」なのではないかなと、私は思います。

本気かどうかはさほど問題にはしていません。
誰だって物事には「本気と不本気」があります。

これからの「風の時代」、やりたくないことはしなくていいのです。


仲人の私が今日言いたいのは。
「結婚したくないならしなくていいじゃん」
という、これだけのことです。

結婚をしなくてもとても楽しく生き生きと自分の人生を謳歌し切り開いていっている人たちを私はたくさん知っています。
反対に、結婚したけれど、全然幸せそうじゃなく、なにかに縛られているようで窮屈そうな人も、同時にたくさん知っています。

46年も生きていれば、いろいろ知っています。(笑)

人生は、どんな経験だってどんなに濁った感情だって、振り返ればそれは美しくキレイですが、でも。
渦中に生きるときは、キレイごとでは済まされませんよね。

婚活も、キレイごとではできないのですよ。


結婚したい気持ちが本気の人たちが、必死に自分の気持ちに正直に婚活をひたすらやり続ける姿勢は、それはある一種の人たちからみれば「あんなに必死になってかっこ悪い」と映るのかもしれません。
私は逆です。そのひらむきな必死な姿こそ「キレイでかっこよくて美しい」と思っています。

それはとりもなおさず、「本気で結婚したい」という気持ちが後押しして、その姿になるのだと思うのです。

反対に、「しなければいけない症候群」さんたちはというと。
なにかの固定概念や、こうしなければ的な感覚で、結婚を考えているのでしょうか。
そこに無理があるからか婚活が苦痛なものになってしまったり。結婚したいといいながらも活動を後回しにしてみたり。それはおそらく、「結婚したい」が本気のド本気!ではないからなのではないでしょうか。
やらなきゃいけない!なんて思って無理やりするものではないと思うのです。婚活って。

でもこれ、反対をいえば。本気のド本気であれば、結婚相談所での婚活は結婚できる確率が一番高いということでもあります。
本気同士がお見合いすればそれほど話の早いことはないですから。


また別の角度でいえば、本気でないなら、結婚相談所に入っても、どこのアプリをやっても、どれも中途半端でお金と時間だけ浪費してしまうよ、ということでもあるわけです。


こないだからなんだかちょっとスピ系にもみえる?(笑)ネタを書いておりますが。
なにかに縛られたり誰かが作った謎のルールを無理やりやったりする時代では、ないのですよ、これからは。
と、いう仲人のたわごとでした。

婚活について問い合わせる


婚活するその前に!相談者さんからのよくある質問をまとめました。

よくある質問

ピュアリートゥルーで成婚されたかたたちからのお喜びの声の一部をご紹介しています。
成婚者さんの声
?Gg[???ubN}[N??