~人と人、人と健幸をつなぐ架け橋に~

愛し愛される婚活
心に残る結婚式
そして、その後続く結婚生活を優しく愛に満ちて過ごしていけるように。
ウエディングプランナーを20年やり続け、多種多様な新郎新婦とその家族を見てきた仲人だからこそわかる、
✓魅力的な人は何をしているのか
✓自分をラクにして軽やかに成果を出す方法
✓幸せな夫婦の法則
を、お伝えしています。



結婚できない予備群35歳。ネット婚活の非情なリアル

名古屋市仲人サポート型結婚相談所
ピュアリートゥルー


自分はいつまでも「いつかは結婚できる」グループに居続けられると思っていませんか。
または「もしかしたらこのまま誰からも相手にされなくなりずっと独身かもしれない」といううっすらした現実に対してあんまり考えたことがないかもしれません。

結婚してみるとわかることだから難しいのですが、結婚してみるとつくづくわかるのが、「実家暮らしは楽だった」ということです。
実家暮らしの女性で婚活をしている人たちというのは、口では「焦ってる」といいつつ、心の奥底では「今の生活ってめちゃ快適」とも同時に思っていることが多いです。
天秤にかけたときに、なんと「今の実家暮らし」が勝ってしまうこともあるということです。

この状態で婚活をしている34歳くらいの実家暮らし女性って、婚活市場にたくさんいます。
普通に働いているからお給料もあるので趣味や生活もわりと豊かに満喫しています。

だけど!
彼氏も欲しいし結婚したいのですよね。

でも、いくら気持ちが若くても外見が若くても、34歳は34歳。まわりはそろそろ二人目のお子さんも生まれる友達もいたりして、内心では「このままではいけない!!!」と真剣に考えはじめていて、相談所で婚活しているわけです。

ただ。
どこか現実味が帯びていないというか、どこかまだ結婚に対して「夢子さん」な部分が抜けきらないと、いくら良い男性からオファーがきても「タイプじゃない」「ピンとこない」などいろいろな理由をつけて、焦っているのにも関わらずお見合いをなかなかしないというパターンになっていってしまうのも、これまた実家暮らしの女性特有の傾向です。

「もっと素敵な人がいるかもしれない症候群」
になっていく可能性大なわけです。

なぜそんなに「期待」をしてしまえるのか。
それはネット婚活の仕組みに要因があるといえます。

ネット婚活は、お相手の年齢を選択でき、絞り込み検索もできるのです。
男性で初婚で30代だと、6~7割くらいのかたが第一希望として絞り込む年齢の上限という現実があります。
それが。
34歳

34歳がひとつの天井になっているわけです。

ここで忘れてならないポイントは。
上が34歳ということです。
つまり。
下がたくさんいます。年齢幅28歳くらいから34歳くらいだったら、20代と戦うという意味なのです。

  新郎新婦の写真

世の中進化したとはいえ、男性はいまでも「自分より3つ年下」の女性を好むことが多いので、そう考えると
なかなか厳しい現実があります。

そして。婚活での第一関門は、35歳で訪れます。
一気に申し込みが減っていきます。
これはもう、私たち仲人からも一目瞭然でわかるくらい、ガックン!と落ちるのです。

ここで右往左往しても、34歳以前には二度と戻れません。
そんな35歳婚活迷子さんたち、結構います。

そうならないためにも、いっときの「今」に振り回されず、きちんと将来を見据えた幸せに気が付けるマインドを鍛えて、賢く婚活してササっと良い人と結婚しましょう。
その方法ってとてもシンプルなんだけど、でもやらない人が多い。だから婚活を長期化させてしまうのですが。
最も気が付けない盲点になってしまっています。

そんなのってもったいないですよね!
せっかく覚悟をきめて婚活をするなら、成婚しましょう!!
そのために必要なことを婚活アドバイザーの私は、毎回お伝えしています(^^♪




婚活について問い合わせる


婚活するその前に!相談者さんからのよくある質問をまとめました。

よくある質問

ピュアリートゥルーで成婚されたかたたちからのお喜びの声の一部をご紹介しています。
成婚者さんの声
?Gg[???ubN}[N??